T.M.WORKS Direct Shop

ガソリン自動車用点火系と輸入ガソリンターボ車・ディーゼルターボ車用サブコンピュータを中心とした企画・開発・販売

 

T.M.WORKS»  Boost Gauge & RGB Gauge»  T.M.WORKS Boost Gauge

T.M.WORKS Boost Gauge

T.M.WORKS Boost Gaugeは、今までにないシステムで車両のインテークマニホールドセンサー(一部車種はブーストセンサー)に直接割り込ませることにより、センサー信号をダイレクトにBoost Gaugeに表示することができます。
ブーストアップモジュールなどを装着した場合、OBD2ポートに接続するタイプのブーストメーターは正確な数値が表示できません。
T.M.WORKS Boost Gauge は、車両に装着されているセンサーに直接接続することにより正確なブースト圧力を表示させることができます。
また、最近の車両ではインテークマニホールドに圧力の取り出し用サービスホールのない車両が多く、従来のブーストメーターを装着する場合、圧力取り出し用のセンサーアダプターを装着する必要があったり、ソレノイドバルブに接続しているホースを三つ又に分けての装着が必要でした。
例えばHA36S型アルトワークスの場合、ソレノイドバルブに接続しているホースに三つ又分岐をして装着しても正確な数値を表示できない場合もあるようです。
T.M.WORKS Boost Gaugeなら、センサーアダプターも三つ又分岐も必要ありません。
現在Patent申請中の車両センサー割り込み方式の採用により、装着を容易にし正確なブースト圧を測定することが可能となります。
装着には別途、車種別専用ハーネスと車種別Air bent Gauge adapter(一部車種)の設定することで簡単装着を実現しました。
 
  • ☆:特殊コーティングレンズの採用
    ☆:警告値を任意に設定可能(アラーム機能付き)
    ☆:LCD技術を採用し視認性を確保(オレンジとホワイトの表切り替えが可能)
    ☆:バックライト照度調整機能
    ☆:ピークホールドモード機能
    ☆:汎用設定で、ガソリン車からディーゼル車まで装着可能
    ☆:車種別専用ハーネスの設定により、装着が容易
    ☆:車種別Air bent gauge adapter の採用により装着パフォーマンスを向上
  • 車種別専用ハーネス使用で取り付け簡単!!
    BoostGauge①ボンネットを開け、ドアロックをして15分以上放置する。
    ②インテークマニホールドセンサーのコネクターを一旦外す。
    ③T.M.WORKS Boost Gaugeの専用ハーネスを割り込ませる
    ④黄色ハーネスを車室内に引き込む
    ⑤取り付けマニュアルに従い車両内部の配線を行う
    ⑥Boost Gaugeをセットする
    ⑦操作マニュアルに従いGaugeのゼロリセットを行う
    ⑧エンジンを始動する 

    車種別専用ハーネスを別途ご購入していただく必要がございますので、ご注意ください。

関連商品